ハワイ・レンタカーで駐車場を利用する前に知っておいた方がいいこと






リクルートの英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

伊藤園のプレミアムな野菜ジュース「純国産野菜」


ハワイでレンタカー🚗に乗る場合、ホテルやショッピングモール、街中で駐車場を利用することがあると思います。
その際にあらかじめ知っておいた方がいいことをまとめました。

①ハワイでは駐車違反が厳しい

ハワイは駐車違反に関しては、日本以上に厳しい取締りが行われているように感じます。
駐車スペース以外の場所に駐車することのないように注意が必要です。

もし駐車違反の貼り紙が貼られた場合、
用紙に記載のウェブ経由でクレジットカードで罰金(約35ドル)を支払うことになります。
但し、駐車違反の当日から数日経過しないと自分の違反がウェブに反映されていないので、すぐに支払うことはできません。
(警察署へ出向けば、すぐに支払うこともできるようですが、ウェブでいいと思います)
そのため1週間後くらいにウェブで手続きをすることになります。

②セルフパーキング(Self Parking)とバレーパーキング(Valet Parking)

ホテルでよくセルフパーキングとバレーパーキングという表記があります。
バレーパーキングというのは、ホテルのエントランス等で車を降りて、後は係の人にお願いして駐車スペースに入れてもらい、出庫するときも係の人にお願いしてエントランスまで車を回してもらうというサービスです。
料金がセルフよりも割高で、出庫してもらった時にチップが必要となります。

バレー(valet)は、(貴人の身の回りの世話をする)従者という意味があり、米語で(ホテルやレストランの)駐車係という意味があります。

セルフパーキングというのは、入庫・出庫ともに自分で行なうもので、日本の一般的な駐車スタイルと同じです。
 

③パーキングメーター(路上)の利用について

街中の路上には短時間駐車用のパーキングメーターがあり、便利です。
前払いにてコインを入れるタイプで、例えば25セントで15分であれば、予め1時間と思えば25セントを4枚入れる方式です。

④車を駐車する時には車内に貴重品を絶対に残さない

日本でも車内に貴重品を置いて駐車する人はいないと思いますが、ハワイではすぐに車上荒しに会いますので、くれぐれも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA