肉の焼き加減は英語では10種類も(英語ノートNo.3)






リクルートの英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

伊藤園のプレミアムな野菜ジュース「純国産野菜」

日本でステーキ🥩の焼き加減と言えば、大体、以下の4通りが一般的
だと思います。

レア(RARE)
ミディアムレア(MEDIUM RARE)
ミディアム(MEDIUM)
ウェルダン(WELL DONE)

ところが英語ではさらに細かく10種類の言い方があるそうです。

①RAW → 全く火が通っていない状態
②BLUE → 数秒、火を通した程度
③BLUE RARE → BLUEよりもやや火を通した程度
④RARE
⑤MEDIUM RARE
⑥MEDIUM
⑦MEDIUM WELL
⑧WELL
⑨WELL DONE
⑩VERY WELL DONE

ちなみに、焼き加減を聞かれる時は、

How would you like your steak?

答える時は、

I’d like my steak medium(rare、well done 等).

英語で肉の焼き加減に関する表現がこんなにも多いことに
私も驚きました。
それだけ米国の方が肉にこだわりが強いということでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA