米国の年末年始の休暇の取り方は日本と違う?






リクルートの英会話アプリ!スタディサプリ ENGLISH

伊藤園のプレミアムな野菜ジュース「純国産野菜」

米国と日本では、クリスマスとニューイヤーの休暇の取り方やイメージが違う
ように感じます。
例えば、米国のホテルやショッピングセンターではクリスマスシーズンに向けて「Merry Christmas & Happy new year」という表現をよく見ますし、クリスマスが終わってもその表現のままにされていることが多いように思います。
日本ではクリスマスが終われば、一気にお正月バージョンに切り替えて、クリスマスイメージを一新するのとは全く違った印象です。
休暇については、日本ではクリスマス休暇はなく、大晦日からお正月3が日という休みが
一般的です。アメリカではクリスマス休暇(25日)と1月1日が休暇でお正月3が日と言う
考え方は無いようです。そのためお正月休みでもアメリカの方はクリスマス休暇から来て
1月1日にチェックアウトして帰る方が多いため、ホテルも1月2日から予約しやすくなると
感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA